CEC ONLINE

Watson 3D hologram

Watson 3D hologram

とっておきのおもてなし。弊社社長・山口明夫のアバターがお客様にご挨拶。3Dホログラム技術でよりリアルに再現、知能はWatsonの技術。話しかけた言葉から日本語か英語を判別し、リアルタイムの天気情報(Weather Companyデータ)に応じたコメントで、お客様へ心をこめてご挨拶します。

アーキテクチャ

Watson技術を活用。話しかけた言葉が日本語か英語であることを判別し、言語と内容に応じたセリフを話します。続いてWeather Companyから取得した本日の天気情報に応じたご挨拶、同時にテロップに文字で表示します。

3Dホログラム

高機能360度カメラにて、短時間でアバター撮影。スーツのしわなど細部にこだわったリアル感を演出。パナソニック映像様との協業で実現しました。

画面 / ユーザー・インターフェース

主な画面 / ユーザー・インタフェースと遷移をご説明します

お客様の声

当デモをご覧いただいたお客様の声をご紹介します

3Dホログラムが企業のおもてなしとして活用されている例はまだ見たことがありません。

お客様A

未来感があってとても素敵な展示ですね。

お客様B

ここまで表現できるとは、驚きました。

お客様C

FAQ - よくあるご質問

よくあるご質問とその回答をまとめました

Q: どんなことに応用できそうでしょうか?

A: Watsonの技術を応用し、お客様がお越しになった際にお名前を呼びかけられるような仕組みなど、様々なアイデアで用途が広がると考えています。また、画像と音声データをもとに大切なヒトやペットを再現するといった、データによる次世代への継承も実現できるかもしれません。

Q: (当展示は日本語と英語のみですが)、他の言語でも挨拶できますか?

A: Watsonの言語サポート対応に関連しており、日本語と英語以外に9言語に対応しています。 アラビア語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語 、韓国語、ポルトガル語 (ブラジル)、中国語 (簡体字) 、中国語 (繁体字)